スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改訂作業中です

お久しぶりです。

スザクです。

この度、どうにか復活をすることになりました。

長らくお待たせしてしまい本当に申し訳ありません。

結局ペースはかなり遅くなると思いますが、少しずつArcadiaの方で更新して行きたいと思っております。


また今回、新たに改訂にするに当たり、改定前の「もし白井が綾峰に告白していたら」の展開をこちらの方に残しておきたいと思います。
暫定的にあげたので、まだ目次の方にも、各話の方にもリンクをしっかり貼っておりませんが、今日中にできたらやっておこうと思います。

こちらの方もできたら続きを書きたいなとは思うのですが、やはりArcadiaの方がメインとなると思われますので、あまり期待しないでください;

それでは、これにて失礼します ノシ
スポンサーサイト

八月二十一日 陸【一方通行編】

綾峰をクロが丸呑みにした頃、『実験』について何も知らない初春は自身の寮でフライパンを振りながら料理に勤しんでいた。
その横ではルームメイトである春上 衿衣(はるうえ えりい)がその様子を食い入るように見ていた。

「あの、春上さん…」

「どうしたのなの?」

続きを読む ≫

八月二十一日 伍【一方通行編】

「…ここは」

美琴が気が付くと、斜めになったコンテナの上に座っていた。
辺りを見ると美琴のいるコンテナの周りにはレールやコンテナ、そしてぐしゃぐしゃにひしゃげた電車が子供がばらまいた玩具の様に散らばっていた。
操車場の中心に、美琴は飛ばされていたのだ。

「いったい、何だってのよ」

美琴の口から疑問の声が漏れる。

過去の『絶対能力進化(レベル6シフト)』実験の被験者で、今回の実験の成功を狙っている人物。
そう聞かされて本人に問いただせば、救えないの一言だったというのに。
対峙して蓋を開けてみれば、美琴を庇って怪我を負ってその上で美琴を逃がした。
何が本当で何が目的で何が綾峰を動かすのか。
美琴にはまったくわからなかった。

「いったい、何だってのよ…」

美琴の呟きが風のない夜に零れた。
悩み俯く美琴の耳に騒音が聞こえてきた。
顔を上げた美琴の目には数十個以上も散らばったコンテナの向こう側でレールが飛んでいるのが見えた。
上条と一方通行が戦っているのだろう。

同じく、背後のコンテナの山、その反対側からは連続した爆発音が聞こえてくる。
美琴はこの爆発音を一昨日に聞いたばかりだ。
おそらく綾峰と垣根提督が戦っている。

どちらに向かえばいいのか?

美琴のために最強に立ち向かう上条。
美琴を庇って悪魔に立ち向かう綾峰。

進むべきか、戻るべきか。

『とにかく、お前には見届けなきゃいけない戦いがあるだろ』

一瞬の逡巡の後、御坂は爆音に背を向けて走りだした。

続きを読む ≫

八月二十一日 肆【一方通行編】

夏の夜が過ぎる中、とある高校の学生寮の一室で土御門元春は義妹の蕎麦にあやかっていた。

「にゃー、やっぱ夏と言えば蕎麦だぜい」

「この前はそうめんだにゃー、とか言ってたけどなー」

そんな義兄の台詞に茶々を入れたメイド服に身を包む13~14程の少女、土御門舞夏は回る清掃ロボの上で皿洗いをしていた。
舞夏の言葉に元春は、はっとした表情で台所にいる舞夏を見ると言った。

「舞夏。もう一回さっきの台詞を言ってくれ」

「? 兄貴、いったい何を真剣な表情で…」

「良いから!」

尚もいつもは見られない真剣な表情で迫る義兄に押される形で舞夏はもう一度同じ台詞を言った。

「この前はそうめんだにゃー、とか言ってた「それだ! もう一回!」 ?」

舞夏はよくわからぬまま、もう一回同じ台詞を口にする。

「この前はそうめんだにゃー…」

ふと、台詞の途中で義兄が悶えている姿に気がつき、声をかけた。

「兄貴、何やってるんだー?」

「ま、ま、舞夏が『にゃー』って、くぅ、俺はもういつ死んでもかまわないにゃー」

やはりいつもの義兄であることが分かった舞夏は呆れた様子で溜め息を吐き、ふと気になった事を尋ねた。

「そう言えば最近綾峰唯鷹を見ないなー?」

「ハァハァ…舞夏…ハァハァ…」

「……………………兄貴ー、聞こえてるカー?」

「ハァハァ…舞夏…ハァは…ん? どうしたんだにゃー、舞夏? そんな凶悪なフライパン構えて…」

横に来てやっと気がついたのか、元春は舞夏が大きめのフライパンを片手に近づいて来た事に対して疑問を口にした。
ちなみにこのフライパン、世界一大きいメロンすら焼けるという触れ込みで売られていた物だが、舞夏は今までそんな用途で使った事は無かった。
舞夏は笑顔で義兄の疑問に応えた。

「いや、ちょっと兄貴の頭がいかれてきたんだと思ったからこれで直そうかと、思ったんだー」

「いや、待て舞夏。それは直すとかそう言うレベルのものじゃないって聞いてるかにゃー?」

「大丈夫だ、兄貴ー。私が働いてる常盤台中学で良い方法を聞いてきたんだなー」

「良い方法?」

尋ね返す元春の前で舞夏はフライパンを振り上げる。

「うん、『常盤台中学内伝 おばーちゃん式ナナメ四五度からの打撃による故障機械再生法』!!」

「それは機械にやるもnぐふぁ!」

元春の脳天にクリーンヒットしたフライパンがいい音を立てる。

「さて、さっさと片付けて明日の朝食作っておいてやるかなー。 ん?」

再度、台所に立った元春はふと隣の部屋から聞こえてきた物音に耳をそばだてた。

「綾峰唯鷹の部屋から聞こえるなー。帰ってきたのかー?」

しかし、すぐにどうでも良いか、と首を振ると皿洗いを再開した。

続きを読む ≫

八月二十一日 参【一方通行編】

夜になるに連れ染み込む様に流れて来た冷気に、夏という季節でありながら僅かに震えた綾峰は自らの手の平が汗ばんでいる事を自覚した。
ふぅ、と溜め息を漏らし回りを見る綾峰の眼下には百を越える電車が並んでいる。
しかしそのどれもが無人で人の気配も灯りも無い。
操車場、と呼ばれるこの場所は車で言う車庫のような場所だった。
完全下校時刻がそのまま終電という学園都市では比較的早い時刻に操車場からは人が消える。
綾峰が来た時には幾人か残っていたが、それも先ほど事務所の灯りを消して帰って行った。
既に1人となった綾峰は一方通行や御坂妹、そして上条当麻(ヒーロー)と御坂美琴(ヒロイン)が来るのを待っていた。
ここまででやれるべきことは全て終えた。
だから後は待つだけだった。
後は、一方通行と10032号が戦闘を始め、その途中で上条が現れて一方通行との死闘の末に一方通行を倒しハッピーエンド。
それでこの件は終わり。

「終わったら飯でも食うかねぇ」

そんな呟きを漏らした直後、綾峰のAIMセンサーに1人の人物が引っかかった。
透視を使い、感覚が反応する方向へと目を向ける。
既に闇が広がり始める逢う魔が時、その中心に楔を打つ様に立つ白いソレはゆっくりと歩いていた。
学園都市最強の能力者、一方通行(アクセラレータ)。
最強で最狂で最凶な登場人物の入場に綾峰の頬が緩む。

「まずは、1人目ご入場ってな」

瞬間、振り向いた一方通行と、目が合った。

「………え?」

にたり、と赤い絵の具を零した様な赤が一方通行の口に広がる笑みから漏れる。
その口が動き、言った。

『今行くからそこで待ってろよ、変態野郎』

綾峰の笑みが凍った。

続きを読む ≫

八月二十一日 弐【一方通行編】

「またかよ」

原谷矢文は憂鬱な口調と共に溜め息を吐いた。
夏休みも終盤、宿題という夏の魔王を倒すために友人達と勉強会をするつもりで外出したのが今朝。
ちょっと休憩のつもりで飲み物を買いにコンビニに向かって出て来た矢先、原谷が油断するのを待っていたかのようなタイミングで、

「超すごいパーンチ」

『非日常』が彼の目の前に現れた。

続きを読む ≫

八月二十一日 壱【一方通行編】

「なるほど。面倒なことになってるみたいじゃん」

コーヒーカップを口につけて黄泉川は呟く。
既に時間は夜中。
雲雀と白井は既に眠っている。
起きているのは黄泉川だけだった。

黄泉川が白井を掻っ攫った後、家に着く頃には落ち着いた白井と3人で焼肉をしながら経緯を聞いた。
白井が途中途中ではぐらかすので黄泉川は具体的な内容はさほど聞けなかったが、どうやら綾峰がまた何やら1人でやっているらしい。
それについてはいつもの事だし、綾峰の事だから何かしら理由があるのは黄泉川にはわかっている。
伊達に10年間も面倒を見ていない。
綾峰が人の命を軽んじるヤツで無い事を自信を持てるくらいには信頼はある。
でも、と黄泉川は呟くと。

「だからと言って女泣かすのはダメじゃん」

コーヒーを飲みきると、カップを流しに置き水を入れる。
そして、私もシャワーでも浴びるかと考え、黄泉川は風呂場に向かった。
洗面所で服を脱ぎながら、黄泉川はふと、笑いながら呟いた。

「あいつも女を泣かすくらいには成長したのかねぇ」

続きを読む ≫

八月二十日【一方通行編】

第二位との戦闘、多重能力者との決別、白井への宣告。
様々な事件が起こり、消化不良のまま時間だけが無情に流れて八月十九日は終わった。
その翌朝、御坂は白井と一言も会話をせずに寮の部屋を出た。

施設はまだ壊されていない。

それだけが御坂の胸を苦しめる。
今日も第二位に邪魔されるかもしれない。
あるいは多重能力者が邪魔しに来るかもしれない。
はたまたまるで知らないもっと強い敵が立ちふさがるかもしれない。
それでも御坂は止まれない。
止まってはいけないのだ。
自分が遺伝子サンプルを提供して生み出されてしまったクローン達は今も1人、また1人と命を奪われているのだ。

御坂はリストにあるもう1つの施設に忍び込んだ。

続きを読む ≫

八月十九日 弐【一方通行編】

「ハハハハハハハハハハハハハハ!!逃げるだけじゃ何にもなんねえぞコラ」

帝督は2枚の翼を羽ばたかせながら笑う。
帝督の手の動きに従って研究所内の壁や天井を駆け抜ける御坂を追う様に爆発が生じる。

「ッ!キャッ!!」

逃げ切れずに、御坂は天井で爆風を背後から受けてそのまま床に落ちそうになる。
帝督はそれを見ると追撃の羽を放つつもりで翼を広げた。
しかし御坂が右手を己の方に伸ばしているのを見て、帝督は慌てて6枚の翼を防御に回す。

瞬間、轟音と共に超電磁砲(レールガン)が帝督に炸裂する。

落下しながらの体勢で御坂が放ったのだ。
御坂はそのまま磁力を使い、床にゆっくりと降り立った。

「直撃なら流石に喰らうでしょ」

衝撃で粉塵が巻き起こり、相手の姿が見えないが、御坂の最強の一撃だ。
効かない筈がない。
だけど、と御坂は先ほどの事もあり、いつでも動けるように体勢を低くして相手の動きに備える。

「危ねえ。危ねえ。俺の翼をぶち抜いて掠めやがるとは」

粉塵が晴れると共に出て来た帝督は真白の翼を羽ばたかせ再度姿を見せる。
その服は脇腹の部分が破け、僅かに血が出ていた。
しかし、御坂の全力の一撃が直撃したと言うのに。
傷はそれだけだった。

(翼を使って軌道をずらされたッ!?)

帝督は御坂の驚愕を嘲笑うように口角を歪める。
そして翼を勢い良く羽ばたかせた。

「くっ!!ああああああああ!!」

轟!! という風が御坂を襲う。
御坂はそれを足を磁力で留めることでどうにか耐える。
しかし、あまりの烈風に御坂は目を閉じてしまう。
それがまずかった。

「がっあ…」

腹に帝督の拳がめり込んでいた。
烈風を放つと同時に帝督は御坂の懐に一気に潜り込んだのだ。

「く…っそ…」

どさり、と御坂が倒れる。
ポケットからこぼれ落ちたのか、複数のコインが金属音を響かせながら床に散らばった。
帝督は御坂の首に翼を押し付ける。

「これで終わりか」

帝督の声が低く響いた。

続きを読む ≫

八月十九日 壱【一方通行編】

とある病室。

「退院おめでとうだね?」

カエル顔の医者は患者であった少年に言う。
ベッドの上に座っていた少年は看護士に手渡された松葉杖を両脇に抱えながら、どうにかベッドから立ち上がった。
少年の目の前には彼らの両親が立っており、彼らはそれを見ながら奇跡に涙した。
なぜなら、この少年はとある事故に巻き込まれて、数ヶ月前に2度と立ち上がることは愚か今後一生の内に下半身が動く事は無いだろうとまで診断されたのだ。
それが、今や松葉杖を持ちながらとは言え自力で立ち上がるまで戻ったのだ。
これが奇跡と言わずして、何と言うか。
両親達は横に立つ、カエル顔の医者に一生を掛けても足りないとばかりに感謝の言葉を述べた。
しかし、カエル顔の医者は首を振り、両親達に少年の方を見るように促した。
両親が少年の方を見ると、奇跡はまだ続いていた。

続きを読む ≫

八月十六日~十八日 【一方通行編】

朝、白井が起きる前に起きて御坂は制服に着替えると、出かける支度を始めた。
先日買った服を適当なリュックサックに入れておく。
白井を起こさない様に準備を終え、部屋の扉のドアノブに手をかける。

続きを読む ≫

八月十五日 肆【一方通行編】

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!」

続きを読む ≫

八月十五日 参【一方通行編】

既に日は沈み、空は紫から黒へと変わっていく所だった。
第七学区の路地裏の奥、スキルアウト達もあまり立ち寄らない奥の奥、そこで2人の人影が向かい合っていた。

「よう、『多重能力者』、いーや『上位能力(レプリカ・オリジナル)』。久しぶりだな。つっても前回会ったのは4日前だったか?」

2人の内の片方、帝督はにやりと笑うと綾峰に言う。

「もう思い出したのかよ?メンドクセー…っつーかどこでそれを?」

ため息を吐き、面倒くさそうに言う綾峰の問いに対し、帝督はにやにやと楽しそうな表情を浮かべているだけだった。
夜の路地裏、そこは暗く、頭上にある電灯が唯一の明かりだった。

「んで?何の用ですかー?俺は忙しいからさくっと帰りたいわけだけど?」

「ああ、あの時のお礼がしたくてな。一発ぶっ飛ぶか?アァ?」

帝督が言った瞬間、綾峰は即座に背後に飛ぶ。
瞬間、2人の間の空間が爆発した。

続きを読む ≫

八月十五日 弐【一方通行編】

とある病院の地下にどんな電磁波も通らない様にされた防磁室が存在する。

「ただいま~」

「やぁ、ご苦労様、大変だったみたいだね?」

続きを読む ≫

八月十五日 壱【一方通行編】

始まりは、駅前だった。
夏の暑い日差しを避けるように駅前に植えられた木の木陰の下に置かれたベンチの上に帝督は座っていた。
いつもの紅い学生服の前を開き、その下には緑色のシャツが見えている。

「あち~」

と言いながら団扇を仰ぎ、帝督は待ち人を待っていた。
時間は10時20分、約束の時間は既に過ぎていた。
そこに、

「ていとく~。待った~?」

続きを読む ≫

八月十四日 弐【一方通行編】

例えば、とある人間の死を自らが知っていたと仮定しよう。
どう死ぬのかは知らない。
でも、死ぬ事はわかっている。
そしてそれを防ぐ手段、能力、時間、それらが自分にあるとする。
もしも、そんな状況に置かれた時、自らはどうするか。
綾峰唯鷹にとってそんなことは簡単な答えだった。
とても、簡単で、考える必要すらないくらい、なはずだった。

あの記憶を思い出すまでは。

続きを読む ≫

八月十四日 壱【一方通行編】

木山と話をした翌朝、水穂機構病院に帝督は来ていた。
研究のために資料を探したいと言って学生証を見せるとすぐに書庫資料室という部屋に案内された。
もちろん、学生証はニセモノで『スクール』の下部組織が作りあげた物だった。
電子情報化待ちの書類……その発想はなかったな、と帝督は思いながら埃だらけの書庫室を見渡した。

「それじゃ、研究頑張ってくださいね。学生さん」

書庫室の入り口から事務服を着た案内のおばさんが笑顔で言ってきたので、

「はい、ありがとうございます」

帝督はホストのような笑顔で返した。

「…………………………」

「………何だよ?」

帝督は、キモチワルイ物を見た、とでも言うような表情をしている『心理定規(メジャーハート)』を、じとりと睨むといつもの表情に戻る。

「別にー」

『心理定規』はそっぽを向いて答えるとそのまま書庫の方に向かう。

そして無造作に1つのレポートを手に取ると、舞い上がった埃を吸い込んだのかけほっけほっ、と咳をしはじめた。

「おいおいさっき貰ったマスク付けとけよ」

言いつつ帝督はさっさと自分だけマスクを付けて埃まみれの書庫へと向かって行った。

続きを読む ≫

八月十三日【一方通行編】

医者が尋ねてくる。

「まだ、続けるのかい?」

「……………………………………………」

続きを読む ≫

八月十二日【一方通行編】

「終わりだ」

その一言が言い終わる前に決着はついていた。
どさり、と帝督は倒れた。
窓から漏れる明かりが微かに照らす路地裏に立つ『多重能力者』の周りには白井、雲雀、帝督の三人が倒れていた。
三人とも無傷だったが、意識はなかった。

「…………………………」

『多重能力者』は3人を『肉体強化』で担ぎ上げるとその場に背を向け歩きだした。
数歩歩いた所でかつん、と何かが落ちる音がして『多重能力者』は振り返る。
周りを見渡して、『多重能力者』は足下に髪飾りが落ちていることに気がついた。
特に飾りらしい飾りもついていない、ただの髪留め。
それはミサカが付けていたもの。
白井のスカートのポケットに入っていたものが落ちたのだった。
『多重能力者』は『念動力』で髪飾りを目の高さまで持ち上げて確認すると、一瞬白井を見た後、それを放り捨てた。
路地の奥に投げ捨てられた髪飾りは2、3度軽い音を立てて転がって行った。
次の瞬間、『多重能力者』はその場から『空間移動』で消えた。



路地の奥、転がった髪飾りの側に黒い影があった。
それは「きゅい」と鳴いた。

続きを読む ≫

八月十一日 伍【一方通行編】

『能力可能性問題』とは

 「『自分だけの現実(パーソナル・リアリティ)』を能力者が持ち、それを『演算能力』を使い現実に当てはめているのだとしたら、もしも人間と同等、あるいはそれ以上の『演算能力』を持つ機械が『自分だけの現実』を持つ事ができるなら、それは能力者と同義ではないか?」
 という『自分だけの現実』を研究していた科学者、小萌剛鶴が提唱した問題である。

 この問題について様々な科学者がその答えを導こうと様々な研究を行って来た。
 『自分だけの現実(パーソナル・リアリティ)』が脳の内部に形としてあるとする者。
 『自分だけの現実(パーソナル・リアリティ)』が脳の構造ではなく、精神面の異常から発生するとする者。
 かつて様々な研究が行われた末に、未だこの問題は解決していない。


以下略

続きを読む ≫

八月十一日 肆【一方通行編】

朝、雲雀がテーブルの下にあるのを最初に見つけた。

「おねーちゃーん。シライのおねーちゃん忘れ物してる~」

「えー?じゃぁ今度綾峰に渡しておくじゃんよ~」

キッチンから聞こえる姉の声を聞きながら居間に移動した雲雀は白井が忘れていったと思われる雑誌を開いていた。
雑誌はファッション誌で、基本的にジャージである雲雀の姉にとっては完全に縁の無い物だった。
雲雀は雑誌を開きながら今まで見た事のない服装などに心を躍らしていく。
チャイルドエラーの頃が原因で漢字などはあまり読めないので、基本的に絵と図とひらがなやカタカナを使ってどうにか意味を理解している程度であった。
そして雲雀が普段は見ないような奇麗な服装に心躍らせていく中、ふととある1ページを開いた。
そこには付箋が貼られており、かなり重要な意味があるのだろう。

「『好…の相手を…とす方法!』?」

続きを読む ≫

八月十一日 参【一方通行編】

『ユタカ~!今日はどんな風に能力の練習すれば良いかな?』

『綾峰!もう少しでレベル上がりそうなんだ!手伝ってくれよ』

『お前ら、今日は私の番だぞ!少しは我慢しろ!』

『ったく、取り合いすんなっての。俺はちゃんと順番通りに行くから』

『だってー。綾峰の言う通りに練習すると能力がすぐに強くなれるんだもん』

『そうそう』

『俺は単にお前らにあった能力の使い方を教えてるだけで』

『そう、君は彼らに能力の使い方を教えてあげれば良いんだよ』

『君が教えてあげればあげるほど、我々の実験も進むというものだ』

『さぁ、より速く!より強力に!!』

続きを読む ≫

八月十一日 弐【一方通行編】

前書き

たまにはこんな形もありだと思うんだ。
というわけで今回は前書きです。
あとがきはありません。
それともう1つ。
最近スザクは自分の作品の展開がうまく考えられないでくすぶってる感じでした。
しかぁし、孤独さんの『とある狂った物語』を読んで思いました。
あぁ、何か最近ハッチャケ感がないんだ、と。
初期はロト覚醒やら何やらいろいろやってましたが、最近少ない気がします。
まぁ、こんなことを書いてはいるけれど、今回はシリアスだったりw
では、また ノシ

続きを読む ≫

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。