スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存報告

どうもお久しぶりです、皆さん。
明日から教育実習に行く事になっているスザクです。

母校へ行くので、基本的には今までお世話になってきた先生達の授業を見るというだけなのですが。
正直、今まで見て来た学生という視点とは違う、実習生(教師見習い)という視点がどういうものなのか、どういう風に見れば良いのか、など悩んでたりします。

先日の事前指導中の指導教員との会話。

指導教員(以下、指):「そうそう、来週の月曜日だけどさ。僕研究日なんだよね。」(注:研究日とは週一である先生の休日のこと)

スザク:「はぁ」

指:「というわけで、初日のホームルーム、1人で頑張ってね☆」

ス:「なん…だと…!」

指:「どうする?僕来ても良いけどさ」

ス:「えっと…」

指:「いやぁ、それにしても疲れたなぁ。最近まで休職してた先生のフォローとかして授業数増えてたんだよねぇ。で、どうする?」

ス:「1人デガンバラセテイタダキマス」

指:「本当!?ありがとう!」

というわけで、いきなり見ず知らずの生徒50人を相手にする事になったスザクです。
うわーい、先生、本当良い笑顔ですね、コンチクショー!
まぁ、とりあえず頑張ってきます。

っと、そんなことはそこら辺にほっぽっといてw
「とある~事件体質」はまだまだ休止が続きそうです。
あらすじ、は大分決まってはいるんですが、書く暇がないんですね。
内容としては八月二十一日、御坂の心情や動き始めた暗部達、そして、綾峰の独白。
まぁ、ぱっと思いつくだけで復帰後の初話はこれくらいかと思います。
とりあえず、暇を見て書いておこうかなとだけ思ったりw

そうそう、ツイッター始めました(暇だな、おい!
suzakutmですので、暇な時にでもフォローお願いします。
スポンサーサイト

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。